外国為替証拠金取引(FX)についての興味深いところは、単独の投資商品であるにもかかわらず、資金投下の期間を短い・普通・長いのうちどの期間を選択するかによって資本の投下のやり方がまるっきり変わる点にあるのです。

初めに外国貨幣への投入の「長い時間をかけるスタンス」を考えてみよう。

長期というものは、一年以上の長期の出資を基準としているのです。

まず為替で一年以上先々のレートが円高か、反対に円安だろうかを連想することはまず無謀に違いありません。

当然「そこまで先の未来のことは予測できない」と思うのが本音です。

予測もできないのになんとか予言しようとしたところでそんなことは無駄なことなのです。

ですから、外国の貨幣を買ったとして、その価格よりも円が高めになっていても、その損失分は近い将来元に戻るだろうという気楽なイメージで売買に向き合うものです。

為替差益を積極的に追いかけるばかりでなく、別の収益、つまりスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で儲けるというのを、とりあえずの目標ということにしてお金を預けましょう。

当然のことですが短期的に為替変動の影響でマイナスが大きく膨らむことがあります。

そのことから大きな損失に耐えうるよう、レバレッジを必要最小限でやり取りすることが大切です。

外国為替証拠金取引(FX)は、損が一定金額以上に増大すると、追加保証金(追い証)が出て来たり、あるいはロスカットがかけられたりします。

ストップロスをしたらすぐに売り買いを終了する必要があり、長期トレードは厳しくなります。

この種の危険から逃れるには、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍くらいで売り買いするのがベストです。

今度は中期スタンスを狙ったやり取りです。

中期スタンスの場合最大でも1?2ヶ月ほど経った頃を考慮しての売買であります。

為替の取引の際は、1ヶ月後のことであれば、だいたいの場合、推測しやすいかと思います。

G7のような国際閣議の議題や為替市場参加者が何をことに注視しているかを確認すればそこそこ予想がつくと思います。

こんな経済の状態をチェックしながら、チャートをチェックすることによって為替の状況を理解する事ができどちらのポジションかを決めるのがいいと思います。

基本的にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカルの両面で良い感じであり、あるいは買い傾向が同様の時はほとんどの場合その様に行くと考えて良いのです。

そうしたら持ち金を増やすことによってより一層大きいリターンを受け取れるのです。

最後に短期トレードのコツです。

ここでいう短期のトレードとは、いわゆるデイトレードを指しています。

為替市場でデイトレをする場合は経済情勢は全然関わりがないと思います。

というのも翌日の為替のレートの動きに経済情勢は影響しないからです。

ここでのミソは目を引く催し物がありそれによって為替の相場が大幅に変化する瞬間を見逃さないよう行動することです。

例としてアメリカにおいて雇用統計が提示される、あるいは金融会議等によって制作金利が変わるというような行事。

こういうチャンスに変移を見逃してはいけないという意味合いで、短期トレードは専門的なデータが必須になる。