一般にはカードの上限額がユーザーが日々利用するよりゆるめに決められていると問題ないと誤解しあまり考えずにクレカを使ってしまったりする傾向があるようです。

そうしたカードの使いすぎを軽減するため決済可能な最大金額をできれば低く申請しておこう・・・というのがこれから申し上げる文章の主旨です。

月の限度額を引き下げる手順▲クレカの限度額を引き下げるやり方は月の利用限度額を増やす手順と等しく非常に単純です。

利用カードの裏面に書かれている電話番号に問い合わせて、「限度額の引き下げをしてほしい」というふうにエージェントに伝えるだけ。

普通ならば現在のカードの限度額より低い金額であれば、時間のかかる調査なしで申請が終わります。

カードの限度額を引き下げるのは資産を守ることにも繋がっている■カードの月の限度額を引き下げておくことは、自制というような良いことのみならず自分を守ることにもつながります。

仮に、ユーザーのクレジットカードが第三者に乱用されたとしても、あらかじめクレカの限度額を低く申請しておけば危険を可能な限り最小限にすることもできるからなのです。

強調しておきたいのは、もし仮にカードが知らない間に使用されたことがあった場合でも利用者に重大な違反が確認できない限り、盗難保険と呼ばれるものがユーザーを支えてくれることになるから心配することではないけれど数パーセントの可能性のことを想定して不必要な月ごとの限度額は減額しておくと効果があるでしょう。

不必要な金額は良いとは言えないことなのです。