負債の支払いに関して滞って身動きが取れなくなってしまったとき、自己破産申請という債務整理の方法を考えるほうがかえって良いという身の処し方もあるかもしれません。であるならば、自己破産を申請することには一体どういった利点が存在すると考えられるのでしょうか?この記事では自己破産申告の良い側面を明快にあげてみたいと思います。※負債整理の専門家(認定司法書士・弁護士事務所在籍者)などといった人に自己破産の申立てを頼み、そのエキスパートを通じて通知(受任通知)が手元に届くと貸し手はこれより先支払いの督促が禁止事項にあたる為精神的負担においても経済的負担においても楽になると考えられます。※負債整理のエキスパートに仕事を依頼したときから破産の申立てが済まされるまでの間は(平均して八ヶ月程)弁済を止められます。※自己破産の申告(債務の免責)を済ませると今まで積み重ねた全ての返済義務のある負債を免じられ、未返済の借入金で受ける苦しみから解放されます。※必要以上の支払いが発生してしまっている場合において、その返還の請求(本来支払わなくて良かったお金を取り返すこと)も同時に実行することができます。※破産の申立てを完全に終結させると貸し主からの支払請求は禁止されますからしつこい支払の請求もう続かなくなるのです。※自己破産手続きの介入通知認定以後の賃金はそのままそっくり自己破産申立人の私有できるものとなります。※自己破産申請開始以降自分の給料を差し押さえられる心配もないのです。※2005年になされた改正の結果、自分の手に残すことのできる私有財産の上限が大幅に拡大されることになりました(自由な財産のなお一層の拡大)。※自己破産申請を行ったことを理由にして選挙権又は被選挙権などが制限されたり失効するということはありません。※破産の申告を済ませたことを理由にその事が住民票又は戸籍といった公的な書類において明らかにされるなどといったことはまったく考えられません。≫自己破産の申告を行ったからといって未返済金などの債務が帳消しになるとはいっても全てが免責になってしまうわけではありません。損害賠償・所得税、養育費または罰金などの免除を受け入れると明らかに問題がある性質のお金に限っては、支払い義務の帳消しが確定した以降も支払義務を負うことが規定されています(免責が適用されない債権)。自己破産申立ての財産価値を表現する際の方法は改正された法(平成17年に改正)を元にした基準なのですが手続と同時に自己破産が確定となるような認定条件は、実際の運営上変更前のものと等しい金額(二十万円)で取扱われていることが多い故、債務者の財産処分を執行する管財事件に当てはまったならば、意外に多額のコストが生じてしまうため留意しておく事が重要なのです。